ブラック企業に勤めていた時、どうしても会社を辞める為

ブラック企業に勤めていた時、どうしても会社を辞める為に、既に亡くなっている義父が危篤で国に帰らないといけないし、何時戻れるか分からない、と言って会社に戻らなかった。

具体的なシチュエーションを教えてください。

以前勤めていた会社が、ブラック企業で、何度話あっても改善されず、辞めたくても辞めさせてくれないので、でもどうしても会社を辞めたかったので、既に亡くなっている義父が危篤で国に帰らないといけないし、何時戻れるか分からない、と電話で言って会社に戻らなかった。後で退職届け等の処理は経理担当者に電話して行った。小さな会社でしたが結構有名な輸入コスメや小物の会社で、お金持ちの若い社長が道楽でやっているような会社なので、全く会社として機能しておらず、社長とその愛人が好き放題やっている会社なので、社員は残業だらけ、勿論残業代は無し。辞めたいというと、更に業務が増えるし、脅されて辞めさせてくれない。なので、無理やり辞める為に嘘をつきました。他の社員の方は文句は言うものの、皆さん10年以上勤務されているのでそこそこ恩恵も受けているようで、損をしてバカを見ているのは新入社員の私一人でした。嘘をついてでも無理やり辞めて良かったです。

言い訳を伝えたときの相手の反応は?

最初は嘘を信じてくれたのですが、2回目に戻れないので辞めるといった時は怒っているのが分かりました。でもあっさりと辞めさせてくれました。

言い訳はなぜ成功または、失敗しましたか?

全て電話でやり取りしたのが良かったのか、嘘だとわかってもやりようがなかったためか、自分の退職は成功した。

なぜそんな言い訳を思いついた?

既に亡くなっている人の危篤という嘘であれば罰が当たらないと思ったので、また急な用事でダメと言えない用事はこのような言い訳だと思った。

振り返って、言い訳をしたとき「もっとこう言えばよかった」と思うこと

あとになると色々反省はありますが、結果的にやめられたので、もっとこうすれば良かったと言う事は特にありません。

今回の言い訳は、他にどんなシチュエーションなら使えると思いますか?

人が危篤とか亡くなるという嘘は縁起も悪いので、最終手段だと思います。他のシチュエーションには使おうとは思いません。

 

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント