学校に遅刻して、財布拾って交番届けていたという言い訳

学校に遅刻して、財布拾って交番届けていたという言い訳を使って成功した

具体的なシチュエーションを教えてください。

学生の頃寝坊して電車に乗り遅れ学校に遅刻してしまったので…家の最寄り駅に財布が落ちているのを発見してしまして交番が駅の中に無くて少し離れた所なのでそこまで届けていたら色々聞かれて時間がかかってしまい電車に乗り遅れてしまいました。次の電車が雪の影響でなかなか来なくて遅刻してしまいました。(冬だったので雪も使いました笑)との言い訳を先生に熱弁しました。財布の特徴も無理矢理ですが想像で作り出しリアル感を出しました。電車の遅延で遅れる場合も多々ありましたがもちろんその日は遅延証明が無かったので貰い忘れたとダブルで嘘を重ねて言い訳しました。先生が信じていたのかは分かりませんが納得してくれたので無事遅刻にはなりませんでした。

言い訳を伝えたときの相手の反応は?

信じていたかはわからないけど、財布の持ち主が見つかると良いねといってあっさり許して貰えました。

言い訳はなぜ成功または、失敗しましたか?

真面目すぎる申し訳ない顔で言うのでは無く、むしろ誇らしげに言った事が良かったかもしれません。

なぜそんな言い訳を思いついた?

いつも時間ギリギリの生活をしていたので、常に遅れるかもしれないという危機感で言い訳ばかり考えていました。

振り返って、言い訳をしたとき「もっとこう言えばよかった」と思うこと

電車の遅延は無理矢理すぎたので財布を拾った事だけ言えば良かったです。嘘に嘘を重ねるとリアル感が薄れる気がします。

今回の言い訳は、他にどんなシチュエーションなら使えると思いますか?

遅刻の際は基本的に使えると思います。遅刻をした罪悪感よりも財布を拾って交番に届けたという善意が出ます。

 

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント