学校に行きたくなくて腰が痛いと言って学校を休む

学校に行きたくなくて腰が痛いと言って学校を休むことに成功しました。

具体的なシチュエーションを教えてください。

もともと学校が余り好きではなかったです。友達が居なかったわけではないですが、逆に少ない友達の中で私に依存しているような友達がいて毎日のようにベッタリされていました。クラスも同じ、休憩時間もずっと一緒、部活でさえ同じものに入ってこられたために私の学校生活は窮屈でした。毎日毎日同じ様な事を繰り返すのが嫌でどうにか一日でも学校を休みたい…と、朝起きたときから布団の中から出ませんでした。母親からの声掛けでゆっくりと腰を押さえた状態で近付き、腰が痛くて歩きづらい…と話しました。最初はなんで?と不思議そうな表情でこちらを見ていた母親も喋らない私に、だいぶ痛いのだと思ったのかすぐに布団へ戻され、病院に連れていくということになり学校を数日休むことが出来ました。

言い訳を伝えたときの相手の反応は?

最初は不思議そうな表情でしたが、すぐに信じてくれて凄く心配されてその時は罪悪感が凄かったです。

言い訳はなぜ成功または、失敗しましたか?

母親が昔ヘルニアで手術をしていました。ヘルニアは遺伝しないと言っていましたが、学校を休みたいという前から腰には違和感があるとずっと言っていたので成功したんだと思います。

なぜそんな言い訳を思いついた?

もともと腰痛持ちでしたし、風邪や腹痛等では病院に連れていかれてもすぐに薬を出されて学校に行きなさいと言われるだろうと思い原因が分かりづらいものにしました。

振り返って、言い訳をしたとき「もっとこう言えばよかった」と思うこと

あの時はバレないようにと早口で全ての内容を告げていたので、もう少し私は本当に腰が痛い!とプレゼンすればよかったと思いました。

今回の言い訳は、他にどんなシチュエーションなら使えると思いますか?

体調不良なので何にでも使えるかな、と思っています。仕事でもデートでも、友達と出掛けるときでも…頻繁に使うとバレてしまいますが。

 

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント