会社に遅刻したときに体調を理由にして成功した

会社に遅刻したときに体調を理由にして成功した

朝の支度の時間にいつもよりも化粧やヘアメイクに時間がかかったことに加えて朝ご飯を食べる時間にもゆったり過ごしていたら家を出なきゃいけない時間に間に合わなくなってしまい、持病のめまいを理由にしたら、むしろ心配され、遅刻したことに対しては何も触れられることがなく過ごすことができました。
朝に上司に電話をして前から患っている病気の症状のひとつとして実際にあるめまいがひどくて動けなくて電車に乗れなくてめまいが落ち着いてから仕事に向かいます。と話しました。そうすると、持病の事情を知っている上司は「大丈夫?無理しないでね」と許可してくれました。ほかの社員の人にもラインでめまいがひどく遅刻します・・・と伝えたました。

ほんとに自分が患っている病気を理由にしたのでかなり心配されました。
会社に着いてからみんなに心配されたので罪悪感が芽生えました。

本当に自分が患っている病気を理由にしたから信ぴょう性があり、成功したんだと思います。

一番信ぴょう性が高そうな体調不良の理由はやはり自分の持病を言い訳にすることかなと思ったから。

特にはないけど、あの時はすごく心配されてしまったので、「症状は軽い」だったり「すぐ治る」といってそこまでひどくないアピールをすればよかった

どんな予定に対しても遅刻するときに使えるなと思いました。忘れ物をした時もめまいがひどい中家を出たから・・・といって使えるかもしれません。

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント