会社を休みたいとき吐いたと言って疑われることなくすんなり休めた

会社を休みたいとき吐いたと言って疑われることなくすんなり休め、後も心配される程度でズル休みだとバレなかった。

具体的なシチュエーションを教えてください。

なんとなく会社に行きたくないなと思い、朝課長がいる時間帯を目掛けてズル休みの言い訳を考え電話した。「昨日から胸焼け感がとまらなく、熱はそれほど上がってないのですが朝になっても止まらず吐いていて、出社出来そうにないのでお休み頂けますか?」と課長に伝えるとそうか、お大事にな。とあっさり休みが貰えました。当時期にノロウイルスが流行っていた事もあり次の日会社に行くとノロウイルスなのではないかと心配されることはあったが、ズル休みだと疑われずに経過しました。一応仕事終わりに病院へ行き、ノロウイルスの診断がつきました。病院に行っても詳しく検査することはなく、吐いたことと下痢をした事を医師に伝えるとノロウイルスだったかもしれないねと診断も簡単にとれました。後日診断書をみせると信憑性があったのか、上司もみんな頑張りすぎないでね、もう少し休んでもいいんだよ。と心配され終わりました。

言い訳を伝えたときの相手の反応は?

意外とあっさり信じて貰えてたからよかったが、めっちゃ心配されて逆に申し訳なかった。

言い訳はなぜ成功または、失敗しましたか?

ノロウイルスが流行っていたこともあるが、後日病院の診断書を持っていったことが大きかったのではないかと思った。

なぜそんな言い訳を思いついた?

ノロウイルスがまわりで流行りだしていたから、なんとなく言い訳に使えるのではないかと考えた。

振り返って、言い訳をしたとき「もっとこう言えばよかった」と思うこと

もっとこう言えばよかったと言うのは特になく、吐き気が治らないのに詳しく言う方が違和感があるので、簡潔に伝えるのが大切だと思う。

今回の言い訳は、他にどんなシチュエーションなら使えると思いますか?

時期を考えてノロウイルスが流行りだした頃にまた使えると思います。インフルエンザとかは菌が出ないと診断がつかないので、ノロウイルスは妥当であったと思います。

 

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント