会社をズル休みする時に決まって使う言い訳

会社をズル休みする時に決まって使う言い訳。

具体的なシチュエーションを教えてください。

会社のみんなが出社しはじめる始業時間40分前、上司の人は既に出社している事が多い、そこを狙って電話をかけて体調が悪いため出社できずお休みすると連絡を入れる。
その時間を狙う事には理由があり、上司以外に伝えてしまうと受け付けてもらえず、後程再連絡をしなければいけなくなる。
もうひとつの理由は、始業前でゆとりがあるからだ。
始業が迫ってくるとゆとりがなくイライラしがちになるので、お休みの連絡をあまりよく思ってくれず、少しきつめの言葉も受けたりする場合がある。
私はお休みの電話を会社へ入れるのに、いつもビクビクしていたのでストレスは可能な限り少なくしたいと考えていた。
私は、結構お休み連絡を多く入れていたので、次第に対応が優しい時間というのも自然とわかっていた。

言い訳を伝えたときの相手の反応は?

あっまたきたよという感じ。
数日連続して連絡を入れていて、前日も電話を取ってくれた同じ人が対応することもあった、当然そういう対応になると自分でも思う。

言い訳はなぜ成功または、失敗しましたか?

電話を受けた会社の人が優しかったからだと思う。
正直、電話で話す私の声は嘘臭く病気にはとても聞こえなかったと思う。

なぜそんな言い訳を思いついた?

ありきたりではあるが、ストレートでわかり安く病気の人には無理は言えないからです。

振り返って、言い訳をしたとき「もっとこう言えばよかった」と思うこと

毎回同じ理由で休みの連絡をするのではなく、たまには違う理由も作るべきだったと思う。
やはり、一つの理由「体調が悪い」で押し通すのは苦しかったと振り替えって思う。

今回の言い訳は、他にどんなシチュエーションなら使えると思いますか?

体調が悪いという理由なので結構いろんな場面で使えると思う。例えばどうしても行きたくない集まりなどへ参加したくない場合など、体調が悪い人に無理をさせる人は少ないと思う。

 

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント