旅先で韓国の友達ができたと言う嘘だが本当の出会いはネット

旅先で韓国の友達ができたと言う嘘だが本当の出会いはネット

具体的なシチュエーションを教えてください。

数年前の話ですが、あるアプリを使って、韓国人と友達になったり仲良くなりたかったり韓国語を勉強するために仲良くなって信用できる友達ができました。友達と韓国旅行のときに、会いたいねって流れになり、信用もしてたし会いたかったので、会う約束をした。親や家族には、迷ったときにたまたま声かけた韓国人が一緒に目的地まで連れてってくれて、そこから仲良くなって意気投合したと伝えた。私は方向音痴なせいもあるので、人に道を聞かないといけないようなシチュエーションだったことをゆったり、一緒に行った友達はアクティブで人見知りもないのでその勢いを借りて仲良くなったんだなーて思われるので、その辺はあまり不自然ではなかったと思います。

言い訳を伝えたときの相手の反応は?

えー!なにそれ!すご!みたいな、友達の行動力にびっくりしたのもあり、その友達ならやりそうと信じてくれた。

言い訳はなぜ成功または、失敗しましたか?

えー!なにそれ!すご!みたいな、友達の行動力にびっくりしたのもあり、その友達ならやりそうと信じてくれた。

なぜそんな言い訳を思いついた?

どうしても会いたかったし、友達の行動力と私の方向音痴と、日頃韓国語を勉強してたのを知っていたから使いたくなったんだと理解されたと。

振り返って、言い訳をしたとき「もっとこう言えばよかった」と思うこと

韓国に友達がいる日本の友達の知り合いとかなら安全だったのかなーと思ったが、今回のやり方で、韓国人もいい人いるんだなーと思ってもらえたのでよかった、

今回の言い訳は、他にどんなシチュエーションなら使えると思いますか?

また同じように韓国行った時は使えそうもないけど、お出かけして、道を聞いたりしたとかで、同じ趣味があるとかで意気投合した風のなら使えそう

 

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント