結婚式の招待状が届いたものの、お金がなくて参加できそうになかったので、母親の介護を理由に断りました

結婚式の招待状が届いたものの、お金がなくて参加できそうになかったので、母親の介護を理由に断りました

友人から結婚式の招待状が届きました。けれども、その頃は母子家庭で母親が交通事故の後遺症で具合が悪く、弟は幼稚園だったので私が家事全般を行わなければなりませんでした。生活費は離婚した父親からの援助でしたが、徐々にそれもなくなり、バイトをしながら家のことをしていたものの、生活していくだけで精一杯でした。県外で行われる友人の結婚式に参加するにはとてもでないけれどお金がなかったので、交通費も宿泊費もお祝いも用意できませんでした。そのため、お金がないからというのが本当の理由でしたが、母親の介護のためにどうしても家を空けられないからという言い訳をつけて断りました。他にも数人の友人が立て続けに結婚し、招待状が届きましたが、同じ理由で断っていたところ、招待状は来なくなりました。

半信半疑のようでしたが、もともと母親が体調を崩しやすいことは友人も知っていたので、あまり深く追求されることはありませんでした。

あまり深く追求されることはなかったので成功とはいえますが、その後の同窓会などで呼ばれることはなくなってしまいました。

あからさまにお金がないとは言い辛かったですし、母親の介護をしていたことは事実ではあったので、そのまま伝えました。

自分のことでいっぱいいっぱいで、相手を思いやることができなかったので、もう少し相手を祝う気持ちを伝えられていたらと思います。

同窓会や飲み会などの参加費や会費が必要な場合で、どうしても工面できない時に使えると思います。

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント