シンプルに寝坊して会社に間に合わないと思い、階段で足を踏み外して捻挫したという嘘を言い訳にした

シンプルに寝坊して会社に間に合わないと思い、階段で足を踏み外して捻挫したという嘘を言い訳にした

4日ほど残業が続き、いつもの朝の時間のアラームをなぜか体が拒否反応を起こして切っていたのだと思います。アラームの音が聞こえていたのも記憶にあるので間違いないかと思いますね。いざ目を覚ますと、朝礼が始まる10分前でした。普段は車で30分かけて行く片道の通勤時間であるので、どこでもドアがないかぎり絶対間に合うわけがありません。寝起きのテンパった僕の脳が、ふと思い付いたのが嘘をついて休むしかないという決断だったのです。嘘の発想とはいえ、勝手に身内を不幸に追いやるのは不謹慎だし、風邪や体調不良って言い訳も典型的すぎると、高速で迷ったあげく、階段から足を踏み外して転げ落ちたので欠勤しますと会社に連絡を入れていました。

自分で言うのもおかしいですが、普段の業務態度は真面目で無遅刻無欠でした。なので、本気で心配されたので罪悪感でいっぱいでした。

もちろん大成功しました。良い言い方をすると言い訳で済まされますが、実際は嘘をついているので複雑です。

なんとしてでも自分が悪者にならず、実際にあり得そうなことを思い付いたので、相当崖っぷちだったのだと思います。

今思い返せば、人生に一度くらいは寝坊しますし、もっと人間として正直に言っておけば良かったと反省しました。

会社の遅刻だけに使ったほうがいいですね。使ったとしても1回までにしておくべきですね。

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント