仕事に遅刻した時、母の体調が悪く病院に連れてったと言い訳して成功した

仕事に遅刻した時、母の体調が悪く病院に連れてったと言い訳して成功した

具体的なシチュエーションを教えてください。

仕事は朝9時からだが、寝坊し遅刻して着いたのが昼の12時過ぎで、上司に連絡もなしでどうしてこんなに遅くなったんだ、と言われました。私は何か言わないとと思い、でも寝坊と言うと呆れられるのでパッと思いついたことを言いました。朝、母に起こされて、どうしたの?と聞いたら、体調がすごく悪いと言われ、熱を測ったら38度越えで吐き気もひどかったので、急いで準備して病院に連れて行きました。病院は混み合っていて、一時間待合室で待機し、名前を呼ばれ医師のところに行き、検査をするとインフルエンザとのことで点滴と薬を処方してもらい、家に連れて帰り、着替えさせて横にさせてこの時間になりました、本当にすみませんでした、と謝りました。

言い訳を伝えたときの相手の反応は?

すごく信じきって、今日はもう帰ってお母さんの様子を見てもいいんだぞと、とても心配されました

言い訳はなぜ成功または、失敗しましたか?

すごく信じきって、今日はもう帰ってお母さんの様子を見てもいいんだぞと、とても心配されました

なぜそんな言い訳を思いついた?

自分のことを理由にすると、自己管理ができてないとさらに怒られると思ったので、母親にしました

振り返って、言い訳をしたとき「もっとこう言えばよかった」と思うこと

言い訳をする時に、えーと…と使う回数がちょっとあったのでそれをなくして話せばよかったなと思いました

今回の言い訳は、他にどんなシチュエーションなら使えると思いますか?

テストの点数が悪かった時や、学校遅刻しそうになった時、寝坊して電車などを乗り過ごして遅れる時などに使えると思います

 

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント