仕事の開始時間を遅らせたくて、電車内でトイレにこもっていた

仕事の開始時間を遅らせたくて、電車内でトイレにこもっていたら本来の降車駅で降りられなかったという言い訳をして成功しました。

具体的なシチュエーションを教えてください。

友人と電車に乗って買い物に行っていたのですが、久し振りの買い物に夢中になりすぎて仕事の時間を気にしていませんでした。そろそろ帰ろうかというところで、電車の時刻表を確認して、どうやっても仕事の開始時間に間に合わないことに気づきました。まぁいいか!くらいの軽い気持ちでとりあえず言い訳を考えていましたが、思いつく前にどんどん仕事の開始時間は近づき、ついに上司から電話がかかってきました。その電話をあえて何度か無視し、少し経ってから焦ったふりをして電話を掛け直しました。ぱっと思いつきで放った言い訳が「すみません!いま電車なんですが、腹痛でトイレにこもっていたら○○駅で降りられなくて…(汗)次の駅ですぐに降りて折り返しで向かいます!」でした(笑)本当は本来の降車駅まであと数駅というところでした(笑)

言い訳を伝えたときの相手の反応は?

優しい上司だったのですぐに信じてくれて、体調の心配と「気をつけてね」と気遣いまでしてくれました。

言い訳はなぜ成功または、失敗しましたか?

多分ですが、普段から私が体調を崩しがちなので成功したのではないかと思います。あとは女性には生理という武器があるので(笑)

なぜそんな言い訳を思いついた?

普段も本当に体調が悪くて仕事の時間をずらしてもらうことがあったので、ぱっと思いついたのが体調関連の言い訳でした。

振り返って、言い訳をしたとき「もっとこう言えばよかった」と思うこと

一切疑われることなく成功したので特にはないですが、もし可能ならそのままお休みをいただいてもう少しゆっくりしたらよかったなぁと思います(笑)

今回の言い訳は、他にどんなシチュエーションなら使えると思いますか?

学校や会社だけでなく、友達との待ち合わせなど、電車を利用する方ならかなり幅広いシチュエーションで使っていただけると思います。

 

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント