新年一日目に寝坊して会社の遅刻し、言い訳に腹痛を使った

新年一日目に寝坊して会社の遅刻し、言い訳に腹痛を使った

具体的なシチュエーションを教えてください。

これは社会人1年目のことです。久しぶりに帰省し、友人たちと日帰り旅行に行った自分は、前日の20時に実家周辺を発ち、車で帰宅しました。当初日付を超える前には帰宅できるだろうと高をくくっていましたが、帰省ラッシュによる大渋滞により、深夜2時半までかかりました。へろへろになりながら家へと到着し、泥のように眠ったことを今でも記憶しています。その際目覚ましをかけたような気もしますがいまいちはっきり覚えていません。気が付くと翌朝の午前10時となっていました。会社の始業時間は9時で、しかも社長の新年の挨拶もある重要な日でした。私は起きた瞬間血の気がサアと引いてくのがわかりました。とりあえず1時間連絡が無かったことと遅刻を謝ろうと思い、上司に腹痛の旨のメールを送りました。

言い訳を伝えたときの相手の反応は?

あっさり了解の旨がきてほっとしましたが、後から聞くと実家に戻って会社に行きたくなくなったのかと思ったと冗談交じりで話されました。

言い訳はなぜ成功または、失敗しましたか?

納得してくれたとは言えほぼ失敗したようなものですが、上司の優しさに助けられました。

なぜそんな言い訳を思いついた?

ここではっきりと寝坊と言ってしまえば舐めた新人だと思われるなどという考えによるものです。

振り返って、言い訳をしたとき「もっとこう言えばよかった」と思うこと

まあやってしまったものは何をしても怒られると思うので、もっと真摯に謝罪すればよかったなと思いました。

今回の言い訳は、他にどんなシチュエーションなら使えると思いますか?

友人たちとの集合時間に遅刻する程度だったら言っていいかと思います。そもそも前日に遊びすぎない方が良いということを痛感しました。

 

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント