取引先との食事会で日時を間違え、店が急遽閉店だからと言い訳をして別日にしてもらい成功した。

取引先との食事会で日時を間違え、店が急遽閉店だからと言い訳をして別日にしてもらい成功した。

週末の土曜に食事会(昼食)をする予定だったがすっかり予定を見落としていて全く予定を立てていなかった。
先方は「日にちは了解した。集合場所が決まったら改めて連絡をくれ」と前もって私に告げていた。
金曜日の15時頃、会社の電話が鳴り「詳細は決まったかい?」と先方から連絡があり私はとっさに
「店の主人が急用があるらしく昼は店を閉めるそうです」と言った。
先方は「それは困ったな、こっちは夕方から別件が入っていて昼しかダメなんだよ」と言っていた。
私はあまり多くは語らず、「せっかく楽しみにしていた店での食事会ですからまた改めて別日ではいかがでしょう?
せっかく来ていただいても時間も短いうえに次の予定もあるのであれば落ち着いてお話もできないと思うので」
と言い、別日にする約束をした。

嘘に対しての反応はほとんどなかった。
こちらの言葉を信じていて、どちらかというと食事会がなくなることを残念がっていた。

成功したのは普段からこの先方の方とは親しくしており私にうそをつかれるとは思っていなかったからだと思います。

別の人と同じ店で食事をするときに予約なしで行ったら、「都合により夕方から営業します」と張り紙があったので。
それをとっさに思い出したから。

昼はやっていないそうですと言うんじゃなくて、具体的な時間を言えばよかったと思いました。
「何時なら大丈夫なの?」と先方に突っ込まれてしまったので。

個人でやっているような飲食店へ行く際は、基本的にこの言い訳は使えるのではないかと思います。

 

言い訳
言い訳ネット|EYK

コメント